La Oreja de Van Gogh – Rosas スペイン語の歌 – 歌詞翻訳

スペインの人気バンド[La Oreja de Van Gogh] (ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ – 「ゴッホの耳」)の[Rosas]という歌の歌詞を翻訳しています。音楽が美しく、悲しい歌詞が印象的な歌です。

La Oreja de Van Gogh – Con La Carita Empapada (Letra)

タイトル: [Rosas] バラの花
作詞作曲: [La Oreja de Van Gogh]

[En un día de estos en que suelo pensar]
最近よく思う日がある
[“Hoy va a ser el día menos pensado”]
「今日は何も考えられない一日になる」
[Nos hemos cruzado, has decidido mirar]
私たちは一緒だったけれど、あなたは決めた
[A los ojitos azules que ahora van a tu lado]
今、あなたの隣の青い目のほうを見つめることを

[Desde el momento en el que te conocí]
あなたに会ったときから私は
[Resumiendo con prisas, tiempo de silencio]
「沈黙の時間」(スペインの小説)を急いで要約したような
[Te juro que a nadie le he vuelto a decir]
誰にも言ったことはないけれど
[Que tenemos el record del mundo en querernos]
世界で一番愛し合っていると思っていた

***
[Por eso esperaba con la carita empapada]
だから涙で濡れた顔で私は待っていた
[Que llegaras con rosas, con mil rosas para mí]
あなたが千のバラを持って現れることを
[Porque ya sabes que me encantan esas cosas]
だってあなたは知っているでしょう
私がそういうのが好きなことを
[Que no importa si es muy tonto, soy así]
おかしいと思われても構わない。私はそうだから
[Y aún me parece mentira que se escape mi vida]
まだ私の人生が消えていくのが嘘のよう
[Imaginando que vuelves a pasarte por aquí]
あなたがまたここに現れることを想像している
[Donde los viernes, cada tarde como siempre]
金曜日の午後、いつものように
[La esperanza dice: Quieta, hoy quizá sí]
希望が私にささやく「静かに、今日はもしかしたら」
***(終わり)

[Escapando una noche, un bostezo del sol]
ある夜、太陽から逃げながら
[Me pediste que te diera un beso]
あなたは私にキスを求めた
[Con lo baratos que salen mi amor]
私の愛は安いものだったみたい
[¿Qué te cuesta callarme con uno de esos?]
それで私を黙らせるのにあなたにはいくらかかったの?

[Pasaron seis meses y me dijiste adiós]
6ヶ月が過ぎて、あなたはさよならと言った
[“Un placer coincidir en esta vida”]
「この人生で巡り会えて良かった」
[Ahí me quedé en una mano el corazón]
でも私は胸に手を置いてそこに立ったまま
[Y en la otra excusas que ni tú entendías]
あなたもわからないような言い訳を握りしめて

***繰り返し

[Y es que empiezo a pensar]
最近はこう思うようになった
[Que el amor verdadero es tan solo el primero]
最初の恋だけが本当の恋なんだと
[Y que empiezo a sospechar]
そうなんじゃないかと疑っている
[Que los demás son solo para olvidar]
他の恋は忘れるためだけにあるんじゃないかと。だから…

***繰り返し

メキシコ、グアナファト 口づけの小径

Comments

タイトルとURLをコピーしました