Ser un cero a la izquierdaの意味、由来、例文

他のスペイン語の慣用句はこちら
随時更新中です!

今回は、数字を使った慣用句です。

それが、

Ser un cero a la izquierda

という表現。

直訳の意味は、「左側のゼロである」。

少し、考えてみると意味が分かるかもしれません。

Serは何度も登場している英語の「be」動詞です。
※ スペイン語は「Ser」と「Estar」の二つのbe動詞があります。
  使い分けはけっこう奥が深いのですが、簡単に言ってしまうと
  Estarは変化する状態(いる場所、気分など)、
  Serは変化しない状態(名前、人種など)を指すことが多いです。
Unは英語の「a」と同じ冠詞で、あえて訳すなら「ひとつの」ですが、
 英語の「a」と同じように、日本語訳では飛ばした方が
 違和感がないことが多いです。
 スペイン語は女性名詞と男性名詞がありますので、
 女性名詞の前では「una」、男性名詞の前では「un」を使います。
Ceroは、数字の「ゼロ(0)」です。
aは、英語の「to」と同じで、「~に」という意味です。
Laは、英語の「the」と同じ、女性名詞用の冠詞です。
 後の単語「izquierda」は女性名詞なので「la」をつけます。
 後の単語が男性名詞の場合は「el」を使います。
Izquierdaは「左」という意味の単語です。

では、Ser un cero a la izquierdaの意味は・・・

意味がない」「影響力がない」というような意味です。

例文:
Estudio mucho porque en el futuro no quiero ser un cero a la izquierda.
→取るに足らない人間にならないように、今たくさん勉強している。

Tus comentarios negativos son un cero a la izquierda para nosotros.
→あなたのネガティブな発言は私たちにとって何の意味も持たない。


由来は、もうお分かりかもしれませんが、数字の左にゼロを付けても変わらない、意味がないからですね。

スペインは「情熱の国」というイメージがありますが、このような理論的(?)な慣用句もあるのです。(失礼?(笑))

スペインは、ピカソやサルバドール・ダリ、アントニオ・ガウディなどの偉大な芸術家を輩出した地です。

ガウディの専門である建築などはもちろん数学を使いますから、スペイン人は案外数学好きだったりするのかもしれませんね。

メキシコ、ケレタロのセントロ広場

参考ページ(英語/スペイン語)
https://www.academia.andaluza.net/practicar/ser-un-cero-la-izquierda/
https://en.wiktionary.org/wiki/cero_a_la_izquierda

Comments

  1. Royal CBD より:

    Pretty great post. I simply stumbled upon your blog and wished to say that I’ve truly enjoyed surfing around
    your weblog posts. In any case I will be subscribing on your feed and I’m hoping you write once
    more soon!

    P.S. If you have a minute, would love your feedback on my new website
    re-design. You can find it by searching for «royal cbd» — no sweat if you can’t.

    Keep up the good work!

  2. Keith より:

    You should be a part of a contest for one of the greatest blogs on the net.
    I am going to highly recommend this website!

  3. Rachel より:

    Hi! Do you use Twitter? I’d like to follow you if that would be okay.
    I’m undoubtedly enjoying your blog and look forward to new updates.

タイトルとURLをコピーしました