In bocca al lupo の意味、例文、由来

今日はイタリア語の慣用句を紹介します。

“In bocca al lupo!”

意味

直訳の意味は「オオカミの口の中へ!」。
かなり良く使われる表現だと思います。

慣用句の意味は、「がんばって!」「幸運を祈る!」です。

イタリアでは誰もが知っている表現です。
一部の地域では、普通に「幸運を祈る」と言う意味の“Buona fortuna”と言うと、逆に運が悪くなるという迷信があるので、必ず“In bocca al lupo”と言うそうです。

発音は、「イン ボッカ アル ルーポ」です。

例文

Domani ho un esame, prega per me… In bocca al lupo!

→ 明日、試験があるんだ…。「オオカミの口の中へ!」と祈ってくれないか?

由来

由来には諸説ありますが、一つは普通に、狼は他の生き物を噛み殺してしまうような怖い生き物なので、その口の中に入るくらいの勇気と覚悟を持って頑張れ!と言っている説です。

一方で、反対にオオカミを優しい動物と捉えている説もあります。母親のオオカミは赤ちゃんを口にくわえて移動することがあるので、そのようなオオカミの愛、加護を授ける、という説です。

イタリアの首都ローマを大昔に作ったとされる双子の兄弟、ロムルスとレムスは、オオカミによって育てられたという伝説もありますので、イタリア人にとってオオカミは母親的な存在とされていてもおかしくないですね。

受け答え

さらに、“In bocca al lupo!”と言われたときの受け答えも2通りあります。

定番なのが、“Crepi!” で、「死を!」という少し物騒な意味です。これは、“Crepi il lupo!”, “Spero che crepi il lupo!”, 「オオカミが死にますように!」の略なので、これを踏まえると第一の由来が正しそうですよね。

ただ、最近は変わってきていて、“grazie” (ありがとう) や、“viva il lupo!” (オオカミに命を) と言う方が増えています。第二の由来の説からオオカミは悪者ではないと考える人が出てきたこともありますが、最大の理由は動物愛護の考えが広まり、「死を!」という返答は不適切と思う人が多くなったことです。

この慣用句は、よく使われすぎてほとんどのイタリア人は意味まで考えていないと思うのですが、由来も受け答えも、正反対のものがあるのは面白いですね。

参考(イタリア語/英語):
https://www.trnd.com/it/blog/perche-in-bocca-al-lupo?page=5
https://abcschool.com/it/blog/214-in-bocca-al-lupo

Comments

タイトルとURLをコピーしました